ホーム - 明星ミュージアム

明星ミュージアム

明星電気の歩み

画像

1950年製 CMO-S49B型符号式ラジオゾンデ

画像
明星電気初のラジオゾンデ開発

ラジオゾンデ1,000個を受注。測雲ゾンデ、測風ゾンデ、三式温湿ゾンデの製作を行いました。(1939)

ラジオゾンデを中央気象台へ納入

当時としては画期的なデジタル方式の「CMO-S48B型符号式ラジオゾンデ」を開発。中央気象台へ納入すると共に「ゾンデの明星」と呼ばれる時代を築きました。(1948)

画像

「ベビーT」ロケット
映像資料:宇宙科学研究所 ビデオシリーズより

画像
日本初ロケット搭載機器

日本初のロケット搭載電子装置としてテレメータ送信装置を開発。FM-FMテレメータを搭載した「ベビーTロケット」の打ち上げが成功し、我が国初のロケット搭載機器のメーカーとなりました。(1955)

気象ロボット、中央気象台に納入

それまでの測候所での雨量観測から、無線技術を利用した無人観測を実現。平地とは大きく異なる山岳地域の雨量観測が可能となりました。(1952)

画像

南極観測越冬隊による大気球でのオーロラ観測

画像
ロケットゾンデの開発

超高層気象観測(高度60km~地上)を行うロケットゾンデを開発。岩手県三陸町綾里(現大船渡市)の気象ロケット観測所で観測を開始。2001年3月の観測終了までの間に1,119機の打ち上げを行いました。(1964)

南極観測第11次越冬隊に参加

南極でのロケット/バルーンによるオーロラ観測を中心に活躍。1985年の南極でのロケット実験終了までの16年間にわたり、全てのオーロラ実験に参加し続けました。(1969)

画像
画像
気象庁に「アメダス」納入

わかりやすいネーミングでも話題を呼んだ「アメダス」。雨量、風向、風速、温度、日照を無人で観測するステーションを開発し、全国約1,300箇所に展開しました。(1974)

画像

超長基線電波干渉計受信装置「VLBI」

画像
超長基線電波干渉計受信装置「VLBI」

電波望遠鏡で天体の電波源を観測し超広域測量する「VLBI」の開発に貢献。精度の高さから年間10cm程度とされるプレート運動の検出も可能となり、地震予知の分野等に大きく役立っています。(1982)

NASAスペースシャトル搭載

スペースシャトルを使用した日本初の実験(SEPAC)にフォトメータ、ラングミュアプローブ、フローティングプローブ波動観測装置、電離真空計、MPD(マグネト・プラズマ・ダイナミックス)、中性ガスプルーム制御装置を搭載しました。(1983)

画像

現在の「計測震度計」と震度計計測部

画像
計測震度計、気象庁に納入

世界初の震度計測装置を実現。震度計測は体感による観測から大きな進歩を遂げました。また、通信回線で素早い情報収集を行うと共に、テレビ等でも地震直後に震度情報が流れる等、地震災害の初動体制の確立に貢献しています。(1991)

津波地震観測装置、気象庁に納入

日本海中部地震や北海道南西沖地震(奥尻地震)等の津波災害の教訓から、津波を起こす地震をいち早く検知する目的で、全国182個所に当社の津波地震観測装置が整備されました。24時間常時全国の地震を監視しすることができ、地震後、約3分での津波予報が可能になりました。(1994)

画像

羽田空港の「AMOS」視程計

画像
新空港気象システム「AMOS」

全国30箇所の空港に配備されるAMOS (Airport Meteorological Observing System)は、空港内の気象状態を監視し、その情報を航空局、航空会社に提供しています。航空機の安全な運行のために欠くことのできない気象観測を行っています。(2000)

蛍光X線観測装置、「はやぶさ」搭載

「はやぶさ」には当社の開発した小惑星表面の元素組成を測定する蛍光X線観測装置が搭載されています。この装置は、地表の岩石等が放射する固有の蛍光X線を測定することで、元素の種類を特定しています。(2003)

画像

「はやぶさ」を載せて飛び立つM-Vロケット5号機
写真提供:宇宙科学研究所

「早期地震警報システム」

鉄道総合技術研究所と気象庁の共同開発による、早期地震諸元推定アルゴリズムを搭載した「早期警報用地震計」。その地震計を応用した「早期地震警報システム」は揺れる前に列車を停止させるなど鉄道運行の安全性向上に貢献し、その高度な技術はJR各社、気象庁に採用されています。(2005)

自動放球システム「ARS」

自動および手動で16個までのラジオゾンデを放球でき、飛揚前点検、気球へのガス充填等の準備作業から放球、そしてラジオゾンデおよびGPS衛星からの電波受信・解析、観測データ処理まで一連の作業を自動化する自動放球システムです。移動が困難な場所での観測や効率の良い観測を実現しました。(2006)