ホーム - ニュース - 2017年 - 「みちびき4号機」/H-ⅡAロケット36号機 打ち上げ成功

2017.10.10

「みちびき4号機」/H-ⅡAロケット36号機 打ち上げ成功

10月10日(火)7時01分、種子島宇宙センターにおいて、日本版GPS実現に向けた準天頂衛星「みちびき4号機」を搭載したH-ⅡAロケット36号機の打ち上げが成功しました。

このH-ⅡAロケットには、明星電気が開発を担当したロケット搭載カメラおよび画像圧縮伝送装置、照明装置が搭載されています。

「みちびき4号機」にも当社が開発を担当した宇宙環境データ取得装置(SEDA)が搭載されています。SEDAは、衛星搭載装置の誤動作の評価や不具合時の原因究明に資するデータを取得するとともに、取得したデータを次期衛星設計に反映します。
SEDAは以下の3つのコンポ―ネントから構成されています。
・SEDA処理部(SEDA-E)
・軽粒子観測装置(LPT-S)
・磁力計センサ部(MAM-S)

また、ロケット打ち上げ時の種子島上空の気象を確認するため、ゾンデによる観測も当社が担当しました。

詳しくはJAXA様のホームページをご覧ください。