ホーム - ニュース - 2018年 - 国際水星探査計画「BepiColombo」 / アリアン5型ロケット打ち上げ成功

2018.10.22

国際水星探査計画「BepiColombo」 / アリアン5型ロケット打ち上げ成功

10月20日10時45分(日本時間)、フランス領ギアナのギアナ宇宙センターより、国際水星探査計画「BepiColombo」(ベピコロンボ)を搭載したアリアン5型ロケットの打ち上げが成功しました。

「BepiColombo」は、JAXA様とヨーロッパ宇宙機関(ESA)様の国際協力ミッションであり、JAXA様担当の水星磁気圏探査機「みお」(MMO)とESA様担当の水星表面探査機(MPO)の2機が搭載されています。

明星電気が開発を担当した搭載機器は以下のとおりです。

■水星磁気圏探査機「MMO」搭載機器
・水星ダスト計測器(MDM)
・水星イオン質量分析器(MSA)
・水星ナトリウム大気分光カメラ(MSASI)
・水星イオン分析器(MIA)
・高速中性子粒子計測器(ENA)
・高エネルギーイオン粒子観測器(HEP-I / TOF)
・太陽粒子モニタ(SPM)

■水星表面探査機「MPO」搭載機器
紫外線分光撮像器(PHEBUS)のセンサ
・遠紫外線検出器(FUV)
・極端紫外線検出器(EUV)

今後「BepiColombo」は約7年かけて水星に到着し、約1年間の観測を行う予定です。

詳しくはJAXA様のホームページをご覧ください。
http://www.jaxa.jp/press/2018/10/20181020_mmo_j.html
http://www.isas.jaxa.jp/missions/spacecraft/developing/mmo.html