ホーム - 製品ガイド - 地震関連 - S704QCAST®シリーズ受信装置

製品ガイド / 地震関連

S704QCAST®シリーズ受信装置

  • 製品について
  • 仕様

概要

画像

「QCAST受信装置」は緊急地震速報配信事業者のサーバ(以後”上位サーバ”と呼ぶ)などから配信される「緊急地震速報」を受信し、その配信情報で示される震源位置(震源の緯度・経度及び震源の深さ)とマグニチュードから、本装置の設置位置(ユーザ設定)での推定震度階級と、その地震の主要動(S波)が到達するまでの猶予時間を計算(推定)し、表示する装置です。

また、上位サーバからの配信情報を、社内ネットワーク等を通じて他の「QCAST受信装置」や、「QCAST受信ユニット」へ再配信することができます。

特長

  • 本装置は推定した震度と地震到達までの猶予時間と共に、その地震の初期微動(P波)と主要動(S波)の到達している範囲の時間に応じた変化を、画面地図上にグラフィカルに表示します。
  • 200地点までの位置を事前に設定することにより、画面上に表形式で推定震度・推定到達時間を表示させることが可能です(推定地点番号順・推定震度の大きさ順)。
  • 気象庁から受信した情報内容と、その情報に基づき推定した結果を記録します。
  • 画面に表示した推定震度階級に応じた音声を出力します。
  • SNTPクライアントソフトウェアにより、受信装置の時刻校正を行います。ネットワーク上にNTPサーバーが無く、時刻校正ができない場合には、受信した緊急地震速報電文の発信時刻に基づいてS波到達までの猶予時間計算を行います。
  • 社内ネットワーク等を介して64台の弊社製「QCAST受信装置」または弊社製「QCAST受信ユニット」に再配信する事が可能です。
  • メール配信機能により、推定震度(緊急地震速報の最終報到達後に発信)・各種エラー情報(いずれも事前設定条件による)を、20アドレスまで発信が可能です(メール配信機能はお客様のネットワーク環境によりご利用になれない場合もあります)。
  • 専用ラック(オプション)にコンパクトに収納され、耐震固定が可能です。

仕様

型番 S704-FC4
装置本体 WindowsベースFC(PC)
モニタ TFT液晶17インチ
LAN RJ-45 2ポート
1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T
インターフェース 緊急地震速報データ受信(ルータ接続)用/再配信用
電源(消費電力) AC100V 50/60Hz 最大275W
寸法・重量 93W×363H×363D 約9.0kg(本体部のみ)
環境条件 温度5℃~35℃、湿度20%~80%RH(無結露)
設置条件 屋内専用

※ラックはオプションです。

製品の概要に戻る

製品資料を見る[PDF/1.1 MB]