緊急地震速報対応 QCASTシリーズ

導入事例

大日本印刷株式会社

導入のきっかけ

  • 社員の命を守るため。
  • 緊急地震速報の有効性・活用方法を検討するため。
  • 将来的に社内設備を大きな揺れが来る前に停止し、製品不良のみならず機械の損傷を軽減させるため。

導入後の効果

  • 社員への意識啓蒙の効果があった。
  • より早く初動体制がとれるようになった。
  • 分岐配信している工場では震度5弱で館内放送するように設定しており、人命及び設備保護に役立ている。

担当者様のご意見・ご感想

DNP(大日本印刷)はあらゆる角度から企業防災について取り組み、最善を尽くしております。
特に地震防災を考える上で、緊急地震速報を有効利用するナウキャスト地震情報を使ったシステムは、企業防災上必須であり、日本全国においても必要とされるシステムになっていくと考えております。

現在、本社内ほか、いくつかの工場へ分岐配信を行い運用中ですが、その効果として社員の安全性の向上のみならず、社員の地震防災への意識啓蒙の効果がありました。今後も社内で水平展開していき、新しい地震防災のさきがけとしてうまく利用していきたいと考えております。
また、QCAST®のさらなる性能の向上を追求して欲しいと願っております。

導入システムの概要

画像

導入事例一覧へ戻る