ホーム - 緊急地震速報対応 QCAST特集:導入事例 - 日本無機株式会社 結城工場

緊急地震速報対応 QCASTシリーズ

導入事例

日本無機株式会社 結城工場

導入のきっかけ

  • 地震災害時の安全対策について調査していたところ「緊急地震速報の先行的提供」と「QCAST®」シリーズ製品を知った。
  • 自然災害リスク低減の一環として、発生頻度は少ないが発生時損失の大きな地震災害の安全対策として、緊急地震速報と「QCAST®」シリーズ製品の導入が有効であると考えた。
  • 緊急地震速報の技術的限界はあるが、揺れる前に従業員へ周知して身の安全を確保出来る点と燃料タンク等の供給遮断システムに応用できる点に着目して導入を進めた。

導入後の効果

  • 導入にあたり工場全従業員を対象に緊急地震速報導入に対する教育訓練を実施し、従業員の防災意識の向上が図れた。
  • 地域社会との共生という面においても、危険物を取り扱う事業所としての責任として「QCAST®受信ユニット」を活用している。
  • 緊急地震速報を受信し、予測震度5弱で構内放送及びLPGプラントの遮断弁の緊急停止の仕組みが動作するように設置した。
  • グループ企業を含めた事業所ごとの安全・環境保全の評価制度において、自然災害防止の先進技術を取り入れたことにより、高い評価を得る事ができた。

担当者様のご意見・ご感想

現在、地震発生時の構内放送とLPGプラントの緊急遮断に利用しています。今後は生産設備の緊急停止や重油タンクなどLPG以外での供給遮断へとさらに利用価値を高めていくことができるのは、「QCAST®」シリーズ製品の信頼性や拡張性の高さに基づくものと考えています。

また、導入時には強い揺れを想定した運用ばかりを考慮していましたが、震度3~4程度の比較的被害が無いと思われる地震に対しても構内放送を流したり、受信ユニットを増設することによって、従業員や工場に来場されるお客様に対し、揺れる前におおよその揺れの強さを知らせる方法を検討し、安心して操業できるような環境を整えていきたいです。

導入システムの概要

画像

導入事例一覧へ戻る