ホーム - 緊急地震速報対応 QCAST特集:導入の流れ

緊急地震速報対応 QCASTシリーズ

導入の流れ

画像
1. ヒアリング

明星電気の販売店及び明星電気がお客様の要望や課題についてヒアリングを行います。
事業所や施設単位から全社、全ての施設を対象とした地震防災対策の課題を抽出するお手伝いをいたします。

2. ご提案・お見積

お客様の要望や課題のヒアリングをもとに、QCASTによる放送連動など最適な活用方法や機材の保守サービスなどを具体的にご提案します。
機器連動など設置条件によっては、ご提案前にお打ち合わせにお伺いします。
緊急地震速報を受信するための回線契約、配信手続もご案内します。

3. ご契約

緊急地震速報を受信するためには、配信契約・回線契約・設置工事・保守が必要です。

4. 設置工事・試験 ※ご契約から回線開通等を含め、3週間~1.5ヶ月程度

お客様のスケジュールや設置条件に合わせて、施工します。
運用前試験もご要望を踏まえ、実施します。(実施は原則的に回線開通や配信契約後となります。)

※放送機器やエレベータ等の外部機器連動による運用前試験を実施される場合は、設置・保守業者が事前に外部機器の調整・改修を行う必要な場合があります。詳しくはQCAST営業担当者までご相談下さい。

5. 運用開始 ※ご契約からから1~2ヶ月程度

訓練モード機能により防災訓練などもいつでも自由に可能です。
「QCAST保守サービス」へのご加入によりさらに安心してご利用頂けます。(回線・保守サービスを参照ください)

QCAST販売店一覧

(株)ANET

(株)岩崎

(株)内田洋行

NECネッツ・エスアイ(株)

エフビットコミュニケーションズ(株)

(株)カブト

(株)北浜製作所

九州沖通信機(株)

共同通信電設(株)

(株)金剛測機

JFEコムサービス(株)

埼玉田中電気(株)

(株)三弘

サンテレホン(株)

(株)仙台測器社

大豊産業(株)

(株)ダイヤアクセス

(株)タカモト

中央電子光学(株)

轟産業(株)

南海電設(株)

日本電通(株)

富士防災警備(株)

(株)堀江商会

三峰無線(株)

(株)ヤマト

(五十音順、敬称略)