最新のニュース

/ 一覧へ

明星トピックス「6月24日号」を掲載しました [06.24]
1.POTEKAが日本風工学会技術開発賞を受賞
2.JAXA 若田光一センター長が来社
3.「EE東北'16」に出展
「支配株主等に関する事項について」を掲載しました。 [06.24]
「役員人事に関するお知らせ」を掲載しました。 [06.23]
株主さまへ「第2回 気象・環境テクノロジー展」ご招待状について [06.22]
見学をご希望される株主さまにご招待状をお送りさせていただきます。
第9回 群馬県からくり工夫展 出展のお知らせ [06.17]
6月25日(土)~26日(日)群馬県県庁にて開催されます。
地中海マルタ島で開催された4Sシンポジウムに、現在開発中の小型衛星用バス機器を出展しました [06.09]
JAXAから小型月着陸実証機「SLIM」航法カメラの開発の契約先に選定されました [06.08]
JAXA 有人宇宙技術センター長の若田光一さん(宇宙飛行士)が当社(本社・伊勢崎工場)を来訪されました [06.01]
POTEKAのホームページページをリニューアルしました [06.01]
POTEKAが超高密度観測の実現と突風評価技術の構築で、「日本風工学会技術開発賞」を受賞しました [05.27]
明星トピックス「5月26日号」を掲載しました [05.26]
1.日本気象学会で突風に関する研究発表
2.岩崎トータルソリューションフェアに出展
3.震災復旧工事の安全確保への取り組み
「剰余金の配当に関するお知らせ」と「定款一部変更に関するお知らせ」を掲載しました。 [05.24]
2016中期事業計画を掲載しました [05.10]

製品紹介

/ 一覧へ

CPSゾンデ
CPSゾンデは、大気中の浮遊粒子(雲や火山灰など)を直接計測できる特殊ゾンデです。GPSラジオゾンデと組み合わせて、RD-08ACシステムによりデータの受信・処理・出力を行います。花粉センサを応用し、小型・低価格・使いやすさを実現しました。
S401-PSC 制御用地震計
地震による被害の軽減を図るため制御対象機器の出来るだけ近くで地震を測定し、迅速な制御を行うことを目的としています。
S723-DIS 防災情報処理システム
気象庁が発表する各種の気象・防災情報を、 地上ラインで直接受信してマップ表示すると共に、指定のWebサーバに転送してイントラネット上で共有可能とします。
衛星搭載モニタカメラ
投光器(左)とカメラ(右)及びカメラ制御部で構成し、人工衛星に搭載された太陽電池パドルやアンテナの展開の様子を撮影します。
RD-08AC 簡易GPSゾンデ受信システム
WMO観測所で必要とされる機能をベースに、大学等の研究用途を前提とした機能限定を行った結果、従来のGPSゾンデ受信システムに比べて大幅な低コストを実現しました。
S704QCAST®シリーズ受信装置
緊急地震速報配信事業者のサーバなどから配信される緊急地震速報を受信し、その配信情報で示される震源位置とマグニチュードから本装置の設置位置での推定震度階級と、主要動(S波)が到達するまでの猶予時間を計算し、表示する装置です。

公告

電子公告はこちらからご覧になれます。

・明星電気株式会社
 現在、公告事項はございません。

・明星マネジメントサービス株式会社
 決算公告