企業情報背景画像
HOME > 企業情報 > 社長メッセージ/企業理念とビジョン

社長メッセージ

「測る」と「伝える」をコア技術とし、
“自然と技術が調和する社会”の実現のため、真正面から取り組みます

明星電気は、1938年にラジオゾンデの製造メーカとして産声を上げ、気象状況を「測る(Sensing)」技術と、得られた情報を高空から地上に「伝える(Communication)」技術を発展させ、気象・防災分野のさまざまな製品・サービスを提供してまいりました。日本の宇宙開発にも黎明期から参加し、航空管制や防衛機器なども含めた宇宙・防衛分野においても実績を積んでまいりました。宇宙で観測されたデータは、地球外での活動など、未来を切り拓くことにもつながります。人々の暮らしを見守り、社会の発展に貢献する仕事に誇りと夢を感じています。

今、世界の人々が持続可能(Sustainable)な社会を議論しています。持続可能な社会とは、美しい地球の環境を壊さず、限りある資源を守り、未来の世代も平和に、豊かな暮らしを実現できる、“自然と技術が調和する社会”です。

日本においても、暴風、豪雨、洪水などが続き、大地震も含めた災害への備えが重要さを増しています。世界に目を向けると、大規模な災害として森林火災があります。すべてを焼き尽くすような映像に心を痛めた方もおられると思いますが、宇宙からの情報と森林の地下水位の情報を組み合わせ、防ぐことができないか・・。明星電気は、このような思いで、「測る」、「伝える」使命に取り組んでまいります。さらに、もう一歩先へ・・・、“自然と技術が調和する社会”を目指したIHIグループの「プロジェクトChange」のもと、IHI/明星電気インテグレーションにより、事業基盤を強化しながら、防災・減災ソリューション、航空輸送・宇宙利用ソリューションといった新たな事業創出に向けた検討を進めてまいります。

世界の人々の暮らしを見守り、社会の発展に携わることへの誇りと夢を、社員一人ひとりと共有します。そして、「測る」と「伝える」をコア技術とし、“自然と技術が調和する社会”の実現のため、真正面から取り組みます。

代表取締役社長 夏村匡のサイン 代表取締役社長 夏村匡の写真

企業理念とビジョン

企業理念

私たちは、独自のSensing&Communication技術により、革新的な商品・サービスを創造し、安全・安心な社会の発展に貢献していきます。

ビジョン2023

目指す姿

世界の人々のより豊かな生活の実現をめざし、生活環境、地球環境、宇宙環境の監視、保全、活用に貢献するグローバルな企業となります。

IHIグループでの役割

明星電気の有する独自のものづくり力とIHIグループの広範囲にわたる事業とを結び付け、世界トップレベルの商品・サービスを創出します。

社員の姿

明星電気社員は、誇りを持ち互いに尊敬しあえるプロフェッショナルとして社会への貢献、夢の実現に向けて常に挑戦しつづけます。